【誤解を解く】寝ても寝ても眠い原因は20代に取り巻く環境変化

【誤解を解く】寝ても寝ても眠い原因は20代に取り巻く環境変化20代

子供から大人になる20代では、環境の変化が頻繁に発生し、早急な環境への適応が迫られるため、心身の疲れが溜まりやすと言われています。

この心身の疲れが、私たちが本来持っているパフォーマンスを阻害し、イメージと実際の行動に良くない乖離が生みだし、寝ても寝ても眠い症状を起こす原因となってしまっている可能性があります。

そのため、上述した被害に遭わず、より良い社会人生活を送るためには、20代に巻き起こる環境の変化を柔軟に受け入れて、順応していく必要があります。

そこで今回は、寝ても寝ても眠い原因と考えられる20代に多い環境変化を柔軟に対応していく方法論をご紹介していきます。

反面教師になれた私の指摘で部下を救った際のアドバイスと様々なサイトで語られていることを取りまとめてご報告させていただきます!(‘Д’)ノシ

この記事は以下の人におすすめ
・20代の寝ても寝ても眠い原因を知りたい人
・寝ても寝ても眠い症状を改善したい人
・社会人をうまくこなす考え方を知りたい人
・外的要因から身を守る方法を知りたい人

20代における環境変化とは

一般的に、20代は「大学生活~就職活動~社会人生活」の流れで進んでいき、徐々に子供だった時代から、親の手から離れて、自分の力だけで生活をしていく「大人」になる重要な年代になります。

そして、若干、子供感覚だった行動や決断が、未来を見据えた自己の選択が迫られる大人感覚の行動や決断へと変貌を遂げていきます。

その結果、一つ一つの出来事に対する選択・決断・行動に対して背負う「責任」が重くなっていき、心労が今まで以上にかさんでいきます。(ご結婚されるとさらに重圧は大きくなります。)

また、これらの環境の変化に伴い、逃げ場も少なくなっていき、「人間関係」や「やるべき事」も一新されることから、外的要因」から受ける影響も大きくなり、心労が今まで以上にかさんでいきます。

さらに、大学生活と社会人生活での過ごし方に大きな乖離があると、現状への順応が難しく時間がかかるため、人一倍の心労が重なっていくこととなります。

以上のことから、20代では「責任」「外的要因」の2つの大きな環境変化が起こることが考えられます。

その結果を示すように、昨年実施されたヤマハの調査によって、一人暮らしをする働く20代~30代の女性の8割が仕事によるストレスを発散できずにいるとの報告が挙がっています。

このことからも、大学生活(子供)~社会人生活(大人)への環境変化に対するストレスおよび心労が多く、解消できていないことが見て分かるかと存じます。(‘Д’)

■参考資料
20・30代は体より心が8割 – クランクイン

なぜ、20代の環境変化が寝ても寝ても眠い原因となるのか

なぜ、20代の環境変化が寝ても寝ても眠い原因となるのか

寝ても寝ても眠い原因の根本は「疲れ」・「ストレス」にあると考えられます。

■関連記事
寝ても寝ても眠い原因の疲れのメカニズム

疲れの根本的な原因は「呼吸の乱れによる活性酸素の過剰発生」による疲労である可能性が高いです。

疲労の発生に関しては、過度な運動や脳の酷使以外にも、「ストレスや不安定な精神状態」による無意識下の呼吸の乱れによる要因も考えられます。

厚生労働省のメンタルヘルスブックでは、「ストレスや不安定な精神状態は、入眠・睡眠作用を著しく妨害する」との内容が記載されていることから、ストレスが睡眠を妨げ疲労を蓄積されていることが分かります。

さらに、ストレスや精神の不安定は、上述した20代の大きな環境変化となる「責任」「外的要因」が起因となり発生する可能性が非常に高い症状であることは説明するまでもないと考えています。

以上の結果、20代の大きな環境変化が、「ストレスや精神面」に多大な悪影響を及ぼし、疲労が溜まりやすく蓄積しやすい状態を生み出し、疲労が常に上限に近い値をキープし続ける状況に陥っていることが想定されます。

その結果、起きてもすぐに眠たくなったり、目覚めが悪い状況になり、寝ても寝ても眠い症状が起こると考えられています。

■参考資料
若者のためのメンタルヘルスブック – 厚生労働省

寝ても寝ても眠い原因を20代はどのように解決していくべきか

寝ても寝ても眠い原因を20代はどのように解決していくべきか

寝ても寝ても眠い20代の原因は様々あり、即効性の高い方法をご提案させていただくことは難しいのですが、汎用的で継続的に実践することで改善が見受けられる方法論はあります。

解決策1:計画を立てる

目標を定めて計画を立てていく事は、「自分のペースを維持」と「日常の意味を見出す」ことに繋がるため、20代の寝ても寝ても眠い原因を取り除く効果が期待できます。

学生時代に進学から就職と言った目標があったように、社会人になっても目標があれば、未来への不安は解消され、使命感や達成感で日常の虚無感を打ち消してくれます。

目標を定めた計画が無く、何も考えずに漠然と時間を過ごしていく事は、現在と未来に対する不安を煽り、恐怖心を芽生えさせ、精神を不安定にする引き金となります。

そのため、自分の使命を自覚し行動を行う起点を作ることができ、進むべき道を把握することによる安心感を得ることができる「目標」は、日常の意味を見出すうえでとても重要となります。

また、自分のペースを乱すことは、自分の意志と行動が抑制され、不快感や苦痛を感じてしまうことに繋がり、多大なストレスを発生させる引き金となります。

そのため、日々の行動に対する見直しを行う判断材料となり、悩んだ時に感じる焦燥感や恐怖心を打ち消す材料となる「計画」は、自分のペースを維持するうえでとても重要になります。

以上のことから、目標を定めた計画は、日常の漠然とした不安感や焦燥感を抑制して、ストレスの緩和や精神安定化を図ることができるため、 20代の寝ても寝ても眠い原因を取り除く効果が期待できると言えます。

なお、計画と言っても綿密に立てていく必要はなく、本当に自分が目指したい「10年後の目標」を立てさえすれば問題ありません。

もちろん、その計画の地図に「書き足していく」のも「破り捨てる」のも「自由」です。

まずは、目標を定めた計画を作ると言う意識作りから始めることをお勧めいたします。

解決策2:生活リズムを取り戻す

生活リズムを取り戻すことは、全身のかかる負担を最大限に抑えながらパフォーマンスを出していく事に繋がるため、 20代の寝ても寝ても眠い原因を取り除く効果が期待できます。

人間の体には、ライフサイクルとサイクルを行うリズムが存在し、これらは人間の最も自然な「活動の流れ」の基準となっています。

20代を取り巻く環境は、ほぼ全てが一新され、適応すべき要素が多く複雑で、過度な活動を強いられるケースが多く、生活リズムが狂いやすい状況にあります。

生活リズムを乱すことは、体と心の調和を見出し、意思と行動の間に拒絶反応を生み出すことで、精神を不安定にさせ、多大なストレスを発生させる引き金になります。

そのため、「規律」と「心と体の調和」を生み出し、ストレスの緩和や精神の安定化を図れる「生活リズムを取り戻す」行為は、全身にかかる負担を最大限に抑えるうえでとても重要になります。

芸能人やアスリートが良く口にする「一日の質」と言う言葉をご存じでしょうか。多くの著名人は、1日のパフォーマンスにすごく神経を使うのは、上述したような問題を把握しているからです。

以上の事から、生活リズムを取り戻すことは、 ストレスの緩和や精神安定化を図ることができるため、 20代の寝ても寝ても眠い原因を取り除く効果が期待できると言えます。

なお、生活リズムを取り戻すために、一般的な生活習慣の見直しに関する事項をまとめた記事がありますので、ご参照のうえできる範囲で取り組んで見てはいかがでしょうか。

特に、睡眠サイクルに関しては早急に対応をすることをお勧めいたします。

解決策3:ストレスを発散する

ストレスを発散することは、寝ても眠い根本原因となる「疲労」の発生を抑止することに繋がるため、 20代の寝ても寝ても眠い原因を取り除く効果が期待できます。

今まで説明してきた通り、20代にとって、環境変化によるストレスと精神の不安定は、とても大きいものとなっています。

そのため、自分に適したストレス発散方法を早急に見つけ出す必要があります。

なお、上述したヤマハの20~30代女性によるストレスのアンケート結果から見て分かるように、ストレスの発散方法を間違えている人が多いです。

ストレスの発散は気持ちを落ち着かせるのではなく、ストレスを外へ吐き出すことを言います。

この点も踏まえて、本サイトの別記事でまとめていますのでご参照してみてください。

解決策4:環境を変える

環境を変えることは、直接的な原因を回避することに繋がるため、 20代の寝ても寝ても眠い原因を取り除く効果が期待できます。

社会人生活における環境変化は、運に依存するところも大きいです。

会社の社風や関わる人間など、結局のところ、その場に行ってみないと分かりません。予測してどうにかなるものではありません。

そのため、無理に頑張らず限界を感じたら、その場から離脱することで、ストレスや精神の不安定の原因を断ち、心機一転することに繋がる「環境を変える」行為はとても重要になってきます。

強いとか弱いとかに限らず、どうしても合わないモノは合わないです。

以上の事から、環境を変えることは、戦略的撤退と言う意味で、 20代の寝ても寝ても眠い原因を取り除く効果が期待できると言えます。

まとめ:社会人生活の序盤の20代だからこそ人生設計を

20代における環境変化は目まぐるしく、適応していくだけでも大変なため、がむしゃらに仕事を頑張っていくことが中心になってしまいがちです。

ですが、プライベートもある程度、自由が利き、やり直しも十分にできるのは、20代までです。

何もかもを後回しにしては、後悔することも視野に入れて行動していかないと、気づけば手遅れになり、この先に訪れる楽しい人生を描けず、仕事だけの日々になってしまう可能性があります。

だからこそ、20代の内から人生設計を始めることを強くお勧めいたします。

本サイトでも別記事でダラダラ書いていますが、寝ても寝ても眠い原因の本質は、いつだって「明日への不安」です。

そのため、まずは、しっかりと目標と計画を立てて基盤を作り、そこから他の解決策を実践していく必要があると考えています。

20代はあっという間に過ぎる大切な時期です。後悔の無いようお祈り申し上げます(‘Д’)v

■関連記事
寝ても寝ても眠いのスピリチュアル的観点

20代年代別
【スポンサーリンク】
寝ても寝ても眠い原因とあなたとわたしの事情