性欲がなくなる原因の女性30代に隠された体の異変と解消法

姓欲がなくなる原因の女性30代に隠された体の異変と解消法原因と対処

慢性的な症状として寝ても寝ても眠いと感じる場合は、なおさらストレスを疑うべきです。

20代から社会人生活を過ごし、仕事にも慣れて貯金もできてくることで、プライベートでできることの幅が広がり、理想に向けた欲求が芽生える時期が30代であると考えています。

もちろん、30代と言うイメージに囚われて理想が芽生える場合もあります。

その結果、30代は人生の中で、落ち着いた時期でもあり、目まぐるしい変化が起こる時期でもあると言えます。そのため、ストレスを抱えやすい状態が続くと予想されます。

そこで今回は、寝ても寝ても眠い30代女性に起こる「ストレス」と「欲求」について調べた結果と解決策をご紹介していきます。

「30代」に蔓延るイメージの中に隠された偽りの欲求について知ってもらえると幸いです。

若輩者ではありますが、心の悩みに対する相談窓口を新設いたしました。

私達の置き去りにされた悩みのように、世の中には「すみっこぐらしの知らない何か」が見つけてもらえる日を待ちわびています。 そんな何かと一緒に、あなたの悩みに対する「明日への演出」を焦らず落ち着いて探していきましょう!

信頼性を担保するために「ココナラ様」のサイトを利用させていただき、電話相談を承っております。

この記事は以下の人におすすめ
・性欲がなくなる30代女性の原因を知りたい人
・性欲がなくなる原因の解消方法論を知りたい人
・30代女性に起こる異変を知りたい人

性欲がなくなる30代女性の原因を考察

姓欲がなくなる30代女性の原因を考察

性欲がなくなる30代女性の直接的な原因は「女性ホルモンの乱れ」いわゆるエストロゲンの減少です。

これはアメリカの科学的な研究結果で「女性ホルモンが多いほど性欲が強くなる」ことが報告されていることから、裏付け証拠になると判断できます。

なお、20代以降の女性に起こる身体の異変は、大体が「女性ホルモンの乱れ」と指摘されており、本サイトのメインテーマである「寝ても寝ても眠い」に関しても30代女性の原因に該当します。

しかし、これはあくまでも直接的な原因であり「根本的な原因」ではありません

では、なぜ女性ホルモンが乱れるのか、その原因の特定は難しいですが、体質や持病を除けば、30代にまつわる誰しもが経験したことのある事実を辿ることで答えが見えてくると考えています。

それは、30代になると男女問わずに起こる「体の異変」です。それも体感できるレベルで顕著に表れてきます。

これは老化の始まりであるとも言えますが、一方で、疲労・ストレスなどの蓄積量が限界に達して、あふれ出した結果であるもと考えられます。

それを裏付けるかのように、30代以降になってから急激に「健康食品」や「サプリメント」を頼りだす消費者の「在るべき事実」が存在するからです。

もちろん、女性ホルモンの乱れに対して、まずは病院に行って治療を行うことが最重要であると考えておりますが、これではいたちごっこである可能性が非常に高いです。

うつ病・不眠症患者に「精神安定剤」や「睡眠薬」を投薬する治療と同じで、表面上だけ治ったように見えて、根深い本質的な原因へは何一つアプローチしていないからです。

以上の事から、体質や持病を除くと、性欲がなくなる30代女性の原因は、女性ホルモンだけを原因とするのは危険であり、本質的な原因となる「体の異変」への対処も講ずるべきであると考えられます。

■参考資料
閉経前の女性における性活動 – National Library of Medicine

性欲がなくなる「体の異変」の根拠

姓欲がなくなる「体の異変」の根拠

あくまで体質・持病の問題を除けばの話となりますが、性欲がなくなる30代女性の根本的な原因となる「体の異変」は「疲労」と「ストレス」の蓄積量の飽和から発生すると考えられます。

なぜ、体の異変の原因が「疲労」と「ストレス」の蓄積と言うと、体に溜まっていく老化の原因となる主な要因がこの2つだからです。(詳細は別途)

3大欲求の一つが消失してしまうほどの「疲労」「ストレス」なんて存在するのかと疑問を抱く人も多いかと思われますが、うつ病を経験して数件の病院を転々とした実績から「ある」と断言できます。

それは、この2つが体に異変を起こすだけでなく、「意欲」・「活力」を奪っていくからです。そして、その結果が「うつ病」・「不眠症」などと言った精神的な疾患に繋がるからです。

実際に体験した話ですが、特に心療内科で「性欲はありますか?」の問診を多く拝見しましたし、精神科の病院による治療で、必ずヒアリングされることは「元気・睡眠・食事」が十分であったかです。

※厚生労働省の抑うつセルフチェックには性欲に関する問診はありませんでした。

精神科の問診で3大欲求の内、2つがヒアリングされることからしても、精神疾患における「意欲」「活力」の低下がどれほど強いものかがご理解いただけるかと思います。

そして、不況やコロナ禍が継続して続いていく昨今、将来や生活への不安が加速する中で、若年性更年期障害なる病気が知名度を上げてきています。

このことから、女性ホルモンの乱れは「年代」「体質」だけを理由にするには、説明不足であることが容易に見て取れるかと思います。

以上の点から、女性ホルモンの乱れは年代・体質以外の外的要因でも起こる可能性があり、精神疾患は3大欲求を奪うほど強力であることから、性欲がなくなる症状は、30代の女性に起こる「体の異変」が原因である可能性も十分に考えられると言えます。

あくまで「可能性を示唆」しているだけなのでその点はご了承ください。

性欲がなくなる30代女性の原因の解消法

姓欲がなくなる原因の解消法

以下、方法論を述べております。

セルフチェックをしてみる

「うつ病」と「更年期障害」に関するセルフチェックを行ってみることをおすすめします。

どちらも症状は似ていますが、厳密には異なる観点が含まれていますので、2つとも診断して、1つでも問題があるようでしたら、自己解決を目指すのではなく、まずは病院で治療を受けるようにしてください。

■診断基準
簡易抑うつ症状尺度(QIDS-J) – 厚生労働省(6点以上でうつ病の可能性あり)
更年期障害セルフチェック – ヘルスケアラボ

産婦人科などの病院で診断する

上述と同じですが、自己解決方法を模索して変な商品をつかまされる前に、速やかに病院へ行き受診するようにしてください。

うつ病の場合は、薬を服用し過ぎると依存症になり、治ったと感じた後に、薬を抜いていく治療もありますので、パニック障害などを併発していない限りは、なるべくは長期自然治療を心掛けるようにして欲しいです。

生活習慣を改善する

ここからは根本的な治療の話になりますが、具体的な万人に効果のある方法はありません。

しかし、更年期障害の治療法でも言われているように、生活習慣の改善はとても重要な治療方法であると言えます。

特に、性欲がなくなる30代女性の症状の場合は、「意欲」「活力」などと言った精神面が主な原因であることが考えられますので、諦めずに改善と向き合って活動をしていくようにしてください。

そういった意味では、まずは「ストレス発散方法を見つける」から始めた方が良いのかもしれません。

ストレス発散方法を見つける

こちらも万人に効果のある方法はありません。さらに、生活習慣の改善よりも難しい内容である可能性があります。

インターネット上でも様々な方法が提案されていますが、「解消」「発散」の違いにご注意ください。

BGMを効く、アロマを嗅ぐなど気持ちを落ち着かせても、その場しのぎであり根本的な解決とはいきません。

最終的にはストレスを発散して、ストレスそのものを吹き飛ばしてしまう方法論が必要になってくることをお忘れなきようお願い致します。

共感と承認欲求を刺激する

生活の質を高めて見るのも手かもしれません

荒療治になりますが「生活の質を高める」ことも一つの手であると考えられます。

生活の質を高めることで得られる高揚感・優越感・幸福感は、失われた女性の意欲・活力を刺激するのに優れており、考え方や気持ちの持ち方を劇的に変える効果が期待できるからです。

これは、女性の心理を紐解けば明らかであり、憧れてきたモノ・好きなモノ・価値を感じるモノがどのようなものであったかを、改めて、考えていただけるとご納得いただけるかと思います。

その中でも、生活の質を高めるの方法として、必要となる観点は「高級感」と「存在感」です。

値段でも良いし、見た目でも良いので高級感を感じる、かつ、良く目につくような大きな存在感を放つ商品が非常に有効です。(心理学でいうザイオンス効果と呼ばれるテクニックになります。)

高級感に常に触れ高級感に好意を持つことで、深層心理に眠る「女性の見られたい心理の欲望」を蘇らせることができれば、意欲・活力を爆発的に高めることが期待できます。

抑圧された「純粋な誰もが持つ本当の意志」を解放させるのです!(あれ、宗教ですか??)

いずれにせよ、これはやってみないと分かりません。自分を高く持つ」と言うことは、人生を有意義に楽しく生きていくうえで欠かせない事は間違いないと確信しております。。

なお、今まで、相談に乗ったきた経験上、「寝具の購入」から始めるのが好評でした。

寝具は、睡眠効果を高めて健康を促進する効果があるだけでなく、程よい価格で高級感を感じることができ、大きさでも存在感を見せてくれます。(一石二鳥です。)

また、寝室ならスペースも狭いので、色々な商品を買わなくても、部屋全体の質を高めることができるのも魅力的ですね。

健康を考えながら、意欲・活力を高めていきたいなら、絶対に寝具の購入がおすすめです!

原因と対処閑話
【スポンサーリンク】
寝ても寝ても眠い原因とあなたとわたしの事情