【頭の体操クイズ】File.045:狂った時計の脳内補間

頭の体操クイズ:初級編初級編
プロファイル

頭の体操クイズ – File.045

狂った時計の脳内補間

難易度 :初級

タイプ :根気強さ

所要時間:10分

出題元 :MENSA試験問題

問題

[問題]
 時計は午前0時には正確だった。その時間以降、1時間毎に4分ずつ遅れ始めた。時計は1時間前に止まり、図の時刻を示していた。現在の正確な時刻を答えよ。なお、時計が動く時間は24時間未満である。

[補足]
・特になし

ヒント

1時間ごとに4分ずつ遅れる。の意味を正しく理解する。

分刻みで遅れていく中で、総計1時間遅れるタイミングがいつになるかを考える。あとは、愚直に遅らせながら時刻を求めていくだけ。

解答

[正解]
20時

[補足]
時計が遅れだすと言うことは、本来の時間のマイナス何分かした時刻を表していることになる。これを頭に入れたうえで、午前0時から時計が1時間進んだ時に表示される時刻を考えると、「00:56」となる。
そして、次に1時間につき4分遅れていく場合、何時間経つと1時間の遅れが生じるかを考えると、60÷4=15時間と言うことが分かる。
このことから、本来の時間が「15:00」の場合、時計が指し示す時刻は「14:00」になるのである。
ここまで考えられるとあとは愚直にしていく、時計の時刻「14:00」から4時間進むと時計は「17:44」となる。つまり、本来の時刻であれば「19:00」になる。
さらに、時計がとまって1時間後の話なので、+1時間してあげると答えが出る。

次の問題へ進む

次の問題は「※鋭意作成中」です。

■次の問題

■前の問題
File.044 – 中級編:事象の組み合わせ

頭の体操・論理クイズをさらに楽しむには

頭の体操になる論理クイズをさらに楽しむには、「共有」することが大切だと考えています。

共有することで、話題作りになるだけでなく、説明する力も付き、社会人生活を歩んでいくうえで、大きなアドバンテージを作るきっかけになりえます。

そうした魅力を携えることで、心に余裕を持てれば、生活が豊かになり、ストレス発散にも繋がり、寝ても眠い症状を吹き飛ばす原動力が生まれるかもしれません。

論理クイズは、知識と情報を広い視野で得るための訓練になりますので、ぜひ、本サイトで掲載している頭の体操クイズを有効に活用してみてください。

■関連記事
【頭の体操シリーズ】論理クイズの概要説明

プロフィール
ぺぴちに

IT企業でのSE・プロマネ経験を経て、現在は「人の心理」について研究をしています。
5年間のうつ病生活の実体験から得た知識を元に、「睡眠」「ストレス」に関する問題を解決するための情報を発信していきます。

[実績]
・保険機関・論文を含め200件以上の情報を解読。
・2021年に書籍化の話をいただく。

科学的に解明がされていない事が多い分野であるため、基本的には絶対的な方法より、可能性のある方法を提案することが重要であると考えています。

ぺぴちにをフォローする
初級編頭の体操
【スポンサーリンク】
寝ても寝ても眠い原因とあなたとわたしの事情