【頭の体操クイズ】File.043:渡り鳥が不自由である証明

頭の体操シリーズ上級編:上級編
プロファイル

頭の体操クイズ – File.043

渡り鳥が不自由である証明

難易度 :上級

タイプ :発想と考察力

所要時間:20分

出題元 :ペピチニ

問題

【頭の体操クイズ】File.043:渡り鳥が不自由である証明

[問題]
渡り鳥が不自由であることを証明してください。

[補足]
・特殊な特性を持つ鳥ではなく誰もが知る渡り鳥で考えてください。
・渡り鳥は「空を自由に飛べるから自由である」ことを前提に考えてください。

ヒント

空を自由に飛べるとなぜ自由なのかを考えてください。

鳥も人間も生き物であること、自由と不自由の定義について今一度考えて見ると、何となく答えが見えるかもしれません。答えは人それぞれにあると考えています。

解答

[正解]
(解答例)
■空を飛ぶことについて
東西南北も分からない、ましてや、どこに向かっているのかさえ分からなくなる「空」を自由に飛ぶことはかえって不自由である。これは、人間にも同様に言えることであり、目標も現在地も分からない道を歩むことは、不安・懸念を生む原因になりえる。
仮に、そこに目標があり渡り鳥だから「そこへ向かう能力」があるとした時、それはそもそも自由なのだろうか、決められたレールに沿っているのと何が違うのだろうか。
■渡り鳥について
これは障害も隔たりもない場所へ「飛ぶ」ことができることに対するイメージから湧いて出てきた啓蒙であり、自由とは程遠い存在である。渡り鳥にも生活があり家族がある。さらに、渡り鳥には人間とは違い環境の変化を耐える力がない。だから、飛ぶのである。つまり、飛びたいから飛ぶのではなく、飛ばないといけないから飛ぶのである。
■自由について
「やりたい事」を実行する事こそ自由であり、お金持ちでも「やりたい事」がなければ、不自由なのである。哲学的な話は置いておいて、やりたい事は有限であり、自由はある意味無限なのである。自由は、行使して「やりたい事」を実現し過ぎると、何をして良いか分からない「不自由さ」を生むきっかけになる。自由は不自由へ向かう過程とも言えるのである。

まとめると、渡り鳥の「空を飛ぶ」行為は自由ではなく生きる手段であり、考えすら湧いてこない何もない空では「やりたい事」も見つからないため、すごく不自由な存在なのである。

以上の事から、渡り鳥は不自由であると言えると考えます。私は地上で生きていけるので、渡り鳥に比べると、多少は自由な身であるのかもしれません。

もし、自由と不自由の均衡に自由を感じられるのであれば、ある意味、本当の自由なのかもしれないですね。

次の問題へ進む

次の問題は「中級編:事象の組み合わせ」です。

基本的な組み合わせの問題なので、愚直にやっていけば解けるのですが、そこを数学的論法で攻めていく事で、もう少し簡単に単純に解けるような問題になっています。

■次の問題
File.044 – 中級編:事象の組み合わせ

■前の問題
File.042 – 中級編:常識に囚われること

頭の体操・論理クイズをさらに楽しむには

頭の体操になる論理クイズをさらに楽しむには、「共有」することが大切だと考えています。

共有することで、話題作りになるだけでなく、説明する力も付き、社会人生活を歩んでいくうえで、大きなアドバンテージを作るきっかけになりえます。

そうした魅力を携えることで、心に余裕を持てれば、生活が豊かになり、ストレス発散にも繋がり、寝ても眠い症状を吹き飛ばす原動力が生まれるかもしれません。

論理クイズは、知識と情報を広い視野で得るための訓練になりますので、ぜひ、本サイトで掲載している頭の体操クイズを有効に活用してみてください。

■関連記事
【頭の体操シリーズ】論理クイズの概要説明

プロフィール
ぺぴちに

IT企業でのSE・プロマネ経験を経て、現在は「人の心理」について研究をしています。
5年間のうつ病生活の実体験から得た知識を元に、「睡眠」「ストレス」に関する問題を解決するための情報を発信していきます。

[実績]
・保険機関・論文を含め200件以上の情報を解読。
・2021年に書籍化の話をいただく。

科学的に解明がされていない事が多い分野であるため、基本的には絶対的な方法より、可能性のある方法を提案することが重要であると考えています。

ぺぴちにをフォローする
上級編頭の体操
【スポンサーリンク】
寝ても寝ても眠い原因とあなたとわたしの事情