【頭の体操クイズ】File.037:身近に潜む違和感

頭の体操クイズ:初級編初級編
プロファイル

頭の体操クイズ – File.037

タイトル:身近に潜む違和感

難易度 :初級

タイプ :注意力

所要時間:5分

出題元 :意味が分かると怖い話

問題

【頭の体操クイズ】File.037:身近に潜む違和感

[問題]
ひとり暮らしの女性は、定常化しつつある残業のため夜遅く帰ってきた。いつものようにエレベーターを降り、玄関のカギを開けて家へと入っていく。
「ただいま」
ひとり暮らしだが必ず言うようにしている。もちろん、返事はない。そして、彼女はトイレへ行き、便座をおろし用を足そうとした時に、ハッとなり慌てて、トイレの内側のカギを掛けて、警察へ連絡した。

彼女は、なぜ、警察へ連絡したのだろうか。

[補足]
・家には誰もいなかった。

ヒント

文章に書かれている事象の成り行きをイメージして時系列で追ってみる。

この物語の主人公が女性であることに注目してみる。

解答

[正解]
トイレの便座が上がっていたことから、知らない間に誰かが家に入ってきていたことが分かったため。

[補足]
女性ならすぐにでも分かりそうな問題ですね。
トイレに行った時に便座を下ろして用を足していることから、トイレに行ったときには便座が上がっていたことが分かります。
女性の場合、トイレのフタは開けても、便座を上げる必要はありません、便座を上げる必要があるのは男性です。(現代では男性も座りションの可能性がありますが。。)

次の問題へ進む

次の問題は「中級編:魅了するミスリード」です。

物語を面白くするミスリードは、読み進めていく内に生まれてくる先入観を利用して、書かれていない事象を先入観で補完させ、間違った認識を刷り込ませていくテクニックです。

このミスリードを見つけることで、答えを導き出していく内容となっています。

■次の問題
File.038 – 中級編:魅了するミスリード

■前の問題
File.036 – 中級編:柔軟性を削ぐ数学的思考

頭の体操・論理クイズをさらに楽しむには

頭の体操になる論理クイズをさらに楽しむには、「共有」することが大切だと考えています。

共有することで、話題作りになるだけでなく、説明する力も付き、社会人生活を歩んでいくうえで、大きなアドバンテージを作るきっかけになりえます。

そうした魅力を携えることで、心に余裕を持てれば、生活が豊かになり、ストレス発散にも繋がり、寝ても眠い症状を吹き飛ばす原動力が生まれるかもしれません。

論理クイズは、知識と情報を広い視野で得るための訓練になりますので、ぜひ、本サイトで掲載している頭の体操クイズを有効に活用してみてください。

■関連記事
【頭の体操シリーズ】論理クイズの概要説明

初級編頭の体操
【スポンサーリンク】
寝ても寝ても眠い原因とあなたとわたしの事情