【頭の体操クイズ】File.036:柔軟性を削ぐ数学的考察

頭の体操シリーズ:中級編中級編
プロファイル

頭の体操クイズ – File.036

タイトル:柔軟性を削ぐ数学的考察

難易度 :中級

タイプ :発想転換力

所要時間:5分

出題元 :不明

問題

【頭の体操クイズ】File.036:柔軟性を削ぐ数学的考察

[問題]
近年、湖に謎の微生物が繁殖していることを確認した。
この微生物は1日で2倍に増殖し、今のなお増殖を繰り返し続けている。科学的な調査の結果、2月4日から微生物が発生し始めており、2月26日になると同時に湖の全体を覆いつくしてしまうことが判明した。
そこで、環境省は、微生物が湖の半分を覆いつくすまでに死滅方法が分からなければ、湖全体の水を取り除き、微生物をせん滅させることを決断した。
微生物の死滅方法の研究はいつまで行うことができるだろうか。

[補足]
・特になし。

ヒント

微生物の増殖比率である「2倍」に注目し、客観的にこの意味を考えて見る。

言葉の細部にまで注目して、事象に対する日時の正確な把握をしていく。

解答

[正解]
2月24日まで

[補足]
まずは、湖の半分を微生物が覆う日について考える。
微生物が発生した日からでなく、微生物が湖を飽和する日(覆う日)から微生物の量を考えて見ると、2倍の量で増殖するのだから、1/2(半分)の量で減少していく事が分かる。つまり、湖の半分を覆う日は、微生物が湖を覆う日の前日であることが分かる。
次に、いつまで研究が可能かについて考えていく。
「26日になると同時に」と言う言葉がポイントになり、微生物が湖の全体を覆ってしまう日が26日 0:00 であることが分かる。この日時を「いつまで」と言う言い方に変換すると、「25日まで」と言う言い方になる。
上記のことから、微生物が25日までに湖の全体を覆うことになるため、その前日の「24日まで」が微生物が湖の半分を覆う人なり、研究ができる期限となる。

次の問題へ進む

次の問題は「初級編:身近に潜む違和感」です。

何気ない話でも状況をイメージしてみるとそこに違和感が潜んでいるかもしれません。そんな違和感を見つけることで、答えを導いていく内容となっています。

■次の問題
File.037 – 初級編:身近に潜む違和感

■前の問題
File.035 – 上級編:隠れた真実の見抜き方

頭の体操・論理クイズをさらに楽しむには

頭の体操になる論理クイズをさらに楽しむには、「共有」することが大切だと考えています。

共有することで、話題作りになるだけでなく、説明する力も付き、社会人生活を歩んでいくうえで、大きなアドバンテージを作るきっかけになりえます。

そうした魅力を携えることで、心に余裕を持てれば、生活が豊かになり、ストレス発散にも繋がり、寝ても眠い症状を吹き飛ばす原動力が生まれるかもしれません。

論理クイズは、知識と情報を広い視野で得るための訓練になりますので、ぜひ、本サイトで掲載している頭の体操クイズを有効に活用してみてください。

■関連記事
【頭の体操シリーズ】論理クイズの概要説明

中級編頭の体操
【スポンサーリンク】
寝ても寝ても眠い原因とあなたとわたしの事情