老犬用

ドッグフードを食べない時はどうすればいいの?

犬を飼い始めた方であれば多い事なのですが、ドッグフードに対して様々な拘りを持ちながらその種類を選んでいく物です。
実際にペットショップに販売されている商品の数を数えてもかなりの量が存在しますし、自分の犬に合っているフードを見つけることは至難の業です。
もちろんせっかく吟味して購入してきても、犬が好まずに食べない事は良くあることです。
そのような場合、飼い主はどのように対処していけば良いのでしょうか。

愛犬が食べてくれない時はまず、身近に出来る事から変えていきましょう。
いきなりドッグフードを違う種類の物に変えてしまうのも良いのですが、それでは毎回ドッグフードを食べない時に新しいものを与える癖が付いてしまいます。
ですから、まずは手軽に出来る簡単な工夫をしていきましょう。

第一に出来る事は、ドッグフードを乗せているお皿を少し温めてあげる事です。
犬はドッグフードを匂いで嗅ぎ分けているので、匂いが強いドッグフードの方がより食べやすいでしょう。
その事からも、事前にお皿を温めておいて匂いを引き立てる事が良いのです。

更に、このドッグフードの匂いと並行して行える工夫に、様々な種類のドッグフードを混ぜてあげる事も良いと言われています。
一種類のドッグフードを常に与え続けていれば、人間と同じで飽きてしまう事も多く有りますので、その事を無くす為にも色々な種類の物を混合してあげるのが良いのです。
もちろん小さいお皿に小分けしてあげるのも良いですし、飽きさせないための工夫が大切なのです。

ドッグフードを食べない時には、まずこれらの事から始めて対処していきましょう。
犬にとっての心境を読み取る事はかなり難しいですが、色々試してみる事によって犬の状況を知ることは十分に出来ます。
なので、まずはお皿を温めたり数種類をミックスしてあげたりと、手軽に出来る対処法を試していきましょう。
案外この事によって、簡単に解決していくかもしれません。
それでもなかなか食べてくれない時は、ドッグフードの上にふりかけをかけてみたり、ささみをゆがいた汁を少しかけてふやかしてあげると喜んで食べてくれるでしょう。
犬はもともとあまり水分を摂らない動物なので、ドッグフードをふやかすことで足りない水分を補給することもできます。




Copyright(C) 2013 大切な犬のために必要な知識 All Rights Reserved.