老犬用

老犬用ドッグフードの選び方

人間が毎日食事を摂る事と同様に、犬も毎日食事を摂るのが当然の事なのですが、もちろん何を食べるか決めるのは飼い主の判断です。
犬にとって、自分の体の状態を把握していても好みのドッグフードを食べることが出来ないので、そのような状態を飼い主には見極めていく力が必要になってきます。
もちろんそれは犬の年齢に関しても同じ事が言えるのですが、老犬と呼ばれる年齢になってしまえばそれに応じたドッグフードを選んでいく必要があるのです。

老犬になってしまえば消化吸収力が衰えてしまう可能性が有ります。
その為に急に痩せてしまったり体調を崩してしまう事もあるのですが、そのような事にならない為にも慎重にドッグフードを決めていきましょう。
中には飼い主がオリジナルで手作りのご飯を作ってあげる方も多いみたいなのですが、実際には犬に必要なカロリーや栄養バランスの配合がかなり難しいのでオススメは出来ないのです。

その事から老犬用のドッグフードを選んであげる事に至るのですが、まずは炭水化物が多く含まれている物を選択していきましょう
若い頃とは違い、脂肪やたんぱく質はさほど必要無いので炭水化物の割合に着目して考えていくべきなのです。
更に、ドッグフードの中には老犬を対象に作られたシニア用も有りますので、その方がより理想的ではないでしょうか。
成犬に比べて消化吸収力が低下している為に、普段より多くの食事を摂らせる事も良くありませんので、まずはこれらのポイントをしっかりと確認してドッグフードを変えていく事がベストなのです。

老犬には成犬と違って必要な栄養分が異なっています。
成犬であればたんぱく質や脂肪を多く摂らせる事が良かったのですが、老犬になればその必要はなくなります。
その代わりに炭水化物の多いドッグフードが一番理想的なのです。
自分の愛犬の健康を考えるのは飼い主の役割であり、老犬になってもしっかりと食事の管理が出来るように心がけておく必要があるのです。


Copyright(C) 2013 大切な犬のために必要な知識 All Rights Reserved.