老犬用

ドッグフードの与え方のポイント

犬の食事を考える際にどのようなドッグフードを与えれば良いのか、と考える方がほとんどですが、もちろん犬によって好む食事は様々なのです。
人間には自分が食べたい物を食べる時、自分で選択する権利が有りますが、犬にはそのような事が出来ないので、しっかりと飼い主が考えてあげなければいけません。
その事から、毎日の食事に対しても考え直す必要が有るのですが、まずはドッグフードの与え方のポイントから把握していきましょう。

ドッグフードを毎日決められた量与えていくのが一般的な食事で有りますが、もちろんその毎日の食事を100%犬が好んでいるかどうかは確かではありません。
人間に好き嫌いがあるように、犬にも好みの食材や嫌いな食材が存在するので、そのような情報を飼い主であれば知っておくと良いのではないでしょうか。
好き嫌いを把握しているだけでも、食生活に対してかなり幅を広げていく事が出来ますので、まずはその事から始めましょう。

具体的に好き嫌いを知る方法とは、食事を摂っている時の犬の表情を見れば分かりやすいでしょう。
お腹が空いている状態であればどんな食事を出されてもガツガツと食べますが、長い期間見ているとその表情にも違いが見えてくるのです。
ちょっとした事ですが、この観察をするだけで好き嫌いを確実に見分ける事ができるのです。
こちらでもhttp://www.cooldogbed-4less.com/konomiha.html愛犬の好みの調べ方が載っていますので併せてご覧ください。

愛犬の好き嫌いを把握する事が出来れば、後は状況に応じて食事を変えてあげれば良いのです。
何かご褒美をあげたい時には好きな物を積極的に与えれば良いですし、栄養バランスや体調が気になる時には好きな物よりも食材重視で食事を摂らせれば良いのです。
飼い主が犬の好き嫌いを知っているだけでこれだけ応用範囲が利かせられるので、食事に対して幅が出てくるのです。

ドッグフードの与え方のポイントには、まず飼い主が愛犬の好き嫌いを把握する事が最前提です。
好きな物を与えるタイミングや主食としている物を与えるタイミング、そのような状況を臨機応変に考えていく事で犬にとっては理想の食事を摂る事が出来るのです。
最近では複数のわんちゃんを飼っている飼い主さんも多く見かけますが、犬種や年齢が違うわんちゃんを何匹も飼っているとそれぞれに合わせた食事を与えるのが大変ですよね。
犬種が違くても年齢が近いわんちゃんたちにまとめてあげられるドッグフードがhttp://www.lancache.com/tatougai.htmlで紹介されていますのでご覧ください。

Copyright(C) 2013 大切な犬のために必要な知識 All Rights Reserved.