老犬用

ドッグフード選びに迷ったとき

現在ペットショップで販売されているドッグフードの数は、多く存在しています。
含まれている成分を始め、添加物の有無や保存料の使用があるかどうか、更には年齢や種類によっても細かく分けられているのですが、その中から選ぶ事が困難になっている方も多いのではないでしょうか。
そのような方々がどのようにすればドッグフードを選びやすくなるのか、自分の愛犬に合った理想のドッグフードとは何なのか、と言う事について説明していきます。

まず、選ぶ中で最優先に考えていくのが愛犬の年齢です。
年齢は生まれてから1年未満・1歳以上〜7歳以下・7歳以上と言う3つに分けることが出来るのですが、自分の愛犬の年齢を照らし合わせてどの分類に属しているのかを正確に把握して欲しいのです。
犬には年齢によって必要としている成分が異なってくるので、その事からもドッグフード選びの第一は愛犬の年齢を考える事なのです。

次にドッグフード選びをスムーズに行う為に考える事は、どのようなドッグフードを与えれば良いのか、と言う事です。
ドッグフードには、乾いたドライタイプの物やソフトドライフード、更にはウェットフードと言う種類が存在します。
食べやすいタイプは犬によってそれぞれ異なってきますので、その事からもどのような形状で販売されているか、しっかりと比較していけば良いのです。
愛犬が最も好む形状の物を続ければ、毎日食べやすくて安心した食事が送れるのです。
多くの飼い主さんはドライタイプのドッグフードをあげており、最も商品の種類が多いです。

これらの事を意識してドッグフードを選ぶだけでも、選択肢はかなり絞られてきます。
年齢によって必要としている成分が違うのでまずは犬の年齢から比べていく事、そして愛犬が好む形状を選んであげれば安心なのでその種類を比較してあげる事、この2つだけでもかなり限定されてくる事でしょう。
その中から更に保存料や添加物の有無等を比較していけば、きっと愛犬にピッタリの理想のドッグフードに出会えることが出来るでしょう。
市販のものではなく、毎食手作りドッグフードをあげているという飼い主さんも増えています。
その理由は、市販のドッグフードに何が含まれているかわからないことで安全性を確認できないためや、愛犬が添加物でアレルギーを起こしてしまうためなど理由は様々ですが、http://www.wiz-dog.jp/tukurikata.htmlに載っている方法で意外と簡単に作ることが出来ます。
過去に粗悪なドッグフードで多くの犬が亡くなった悲惨な事件などもありましたので、人間が食べている食材を使って手作りする愛犬家が多くなっている理由もわかります。

Copyright(C) 2013 大切な犬のために必要な知識 All Rights Reserved.