老犬用

ドッグフードコーディネーターになるには

動物の健康に大きく影響する物は食事ですが、素人であれば実際にどのような食事が動物に好ましいのか、理解している方は多く有りません。
もちろん動物の中でも一般家庭で飼いやすい犬に対しても同様の事が言えるのですが、飼い主が愛犬に相応しい食事を把握している方は少ないのではないでしょうか。
もちろん犬に合わない食事を継続して与えていれば健康を害してしまう危険性があるので、そのようなリスクを減らす為にドッグフードを一緒に考えてくれる方が居るのです。
そのような方々の事をドッグフードコーディネーターと言い、犬が健康的に過ごす為に必要な職種なのです。

ドッグフードコーディネーターには主に、ドッグフードを開発したりドッグカフェのレシピやメニューなどを作成する仕事が有ります。
更には、犬に合っているドッグフードを考えてくれたりライフスタイルまでアドバイスをしてくれるのです。
このドッグフードコーディネーターがあるからこそ、犬の健康が維持出来ると言っても過言ではないのです。
では、このドッグフードコーディネーターになるにはどうすれば良いのでしょうか。

必須となっている資格は特に必要有りません。
ドッグフードコーディネーターには試験や資格を習得する必要が無いので気軽になれる物かと考えられているのですが、基本的にはペット管理栄養士などの資格が有れば良いのではないでしょうか。
その為にも多少ペットの知識を付けていく上でペットショップやドッグカフェで仕事をしていればベストなのです。

愛犬の健康や食事に対する知識を持っている方は案外少ないのですが、そのような事に詳しいドッグフードコーディネーターと言う職業が有りますので、そのような方々に相談する事でペットの健康は保たれていきます。
年齢や状態に応じたものを選択してくれたり、ライフスタイルのアドバイス等をするドッグフードコーディネーターになるには、まずはペットに対する知識を付けていく事が良いのではないでしょうか。
資格が無い分、楽しくなる事が出来る職業なのです。

Copyright(C) 2013 大切な犬のために必要な知識 All Rights Reserved.