老犬用

ドッグフードの保存方法

犬を飼っている方であれば誰しもがドッグフードを購入しますが、そのドッグフードの管理方法を正確に把握している方は案外少ないのです。
長期間使える為の大きい袋の物から数日分だけの小さい袋の物まで幅広く販売されていますが、もちろん全てに共通して正しい保存方法は決められています。
しっかりとした保存の仕方をしていなければ犬の健康にも害を与えてしまう事が有るので、そのようなリスクを削減する為にもしっかりと理解しておきましょう。

まず、保存の中で大切な事はドッグフードの品質を保つことです。
出来るだけ日光の当たらない場所で湿度も少ない所に保管しておくのが良いのですが、これらの事によって品質を崩さずに長期間保存が出来るのです。
温度が低いところでも冷蔵庫などの場所であればカビの危険性が出てくるので、やはり自然に低い温度が保たれている場所が良いでしょう。

そして2つ目に気をつける事は、ジッパーが付いたような袋に小分けして保管しておく事です。
ドッグフードには品質を保つ事が大切だと説明したのですが、その事と並行して酸化させない為の努力も必要です。
酸化してしまったドッグフードを与えていれば犬の健康にとても悪影響なので、出来るだけ酸化防止に努めていきましょう。
ジッパーが付いていれば一度閉まってしまえば中々酸素が入りにくくなるので、その事からもドッグフードの管理にはとても最適なのです。

更に品質を良い状態で保っていくのであれば、フードコンテナ等を使用してみても良いかも知れません。
フードコンテナの中で保管しておけば湿気を確実に防止する事が出来るので、ドッグフードの鮮度は低下しづらい物になるのです。

これらの事を意識してドッグフードを保存・管理していく事で確実に品質の良い食事を与える事ができます。
犬も人間と同様で食生活には注意を払う必要があるのですが、その為にも誤った保存方法で管理していく事はいけません。
高温多湿の場所は避け、小分けにしてジッパーで閉じてしまったりフードコンテナを使用する事で、確実に質の良い食事が完成するのです。
無添加のドッグフードを与えている方は、添加物が含まれている商品に比べて日持ちしないので短期間で食べきれる小さ目のサイズを購入するなどの対策もした方が良いでしょう。
大きいサイズの方がお得ですが、愛犬のことを考えれば高くても食べきれるサイズがおすすめです。



Copyright(C) 2013 大切な犬のために必要な知識 All Rights Reserved.